AGA治療薬の効果は|風に靡くロングヘア|女性専用の育毛剤を使えば美しい髪の毛へ

風に靡くロングヘア|女性専用の育毛剤を使えば美しい髪の毛へ

男女

AGA治療薬の効果は

男の人

原因物質の生成を抑制する

AGA、男性型脱毛症に悩む人が増えています。AGA専門の治療院も増え、利用者も増加傾向にあるといわれています。治療法のひとつとして、AGAに効果がある薬の服用があります。プロペシアという薬が処方され、AGAの原因とされているDHTという物質の生成を抑制する働きにより、脱毛量を減らすことができ、さらに健康な髪の成長を促す効果が得られます。プロペシアを1年服用した場合、半分以上の人が症状が改善したと実感し、98%の人が進行を食い止められたと感じている、というデータがあります。プロペシアは発毛を期待するものではありませんが、抜け毛や脱毛を減らすことができる治療薬であるといえます。ちなみに、プロペシアは男性の脱毛症にしか効果はなく、女性は服用してはいけない薬なので注意しましょう。

ジェネリックもある

プロペシアは長期間にわたって服用することで効果が得られる治療薬です。ですから、薬の費用が長期間にわたってかかってきます。プロペシアは病院で処方されると1ヵ月分が7千円前後の相場です。初診料や診察料を合わせると1万円前後かかってくる計算となります。プロペシアは日本においては病院でしか処方されず、市販では販売していません。ただ、個人輸入という方法で安く手に入れることもできます。その場合の相場は5千円前後となります。さらに薬代を節約したいという場合は、ジェネリックを利用するという方法があります。プロペシアのジェネリック薬として、フィンペシアやフィナロ、フィナバルドといったものがあります。1ヵ月分に換算すると900円前後の相場となります。また最近では日本製のプロペシアのジェネリック、ファイザー、サワイ、トーワが発売されています。有効成分は同じなので、経済的な負担を軽くするなら、ジェネリックの利用もおすすめです。